2008年09月08日

害虫対策薬

ガーデニングの害虫対策薬としてどんなものを使っていますか?
綺麗なお花は、虫がつきやすいものです。気づいた時にすぐに対策してあげたいものです。
様々ある害虫対策の薬のなかで、あると便利なものを少しご紹介しましょう。

「オルトラン粒剤」は、効果が長い対策薬です。しかし、速効性はありません。
アブラムシやカイガイラムシ、ケムシなど、ハダニ以外の虫に非常によく効きます。
使い方も簡単で、植物の根元にまいておくだけで大丈夫。水に溶けた薬の成分を、根っ子から吸収して作用します。

そして、何といっても一番手軽に害虫除去できるものは、スプレータイプのものです。スプレータイプの殺虫剤は、植物の手入れをしているときに、すぐに害虫駆除ができるので、作業する時は、必ず側に置いておくといいでしょう。

植物を綺麗に育てるには、お手入れが大切です。害虫の予防と対策のために、雑草を取ることや、薬を使うことだけでなく、植物がどんな状態かを観察することも忘れないでください。植物につく害虫は、とても小さいためなかなか気付きにくいものです。虫がいるかと確認するだけでなく、葉っぱの色が変色していないか、変な模様がついていないか、植物の様子にも注意してあげましょう。

植物がどのような状態になっていて、どのような虫にやられているか、しっかり理解することが大切です。そして、その状態に合わせた害虫対策をしてあげましょう。その際、使用する薬の説明をしっかり読んで理解した上で、使用するようにしてください。
適当に使用しことで、植物を枯らしてしまったり、その他にも思いがけないことが起こる可能性があるので、注意しましょう。
posted by home-kadan at 16:09| 害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。